【写真で説明】横抱き嫌いな子供におすすめヒップシート・テラスベビーのDaG1をレビュー!

パパママ便利アイテム


悩み人
悩み人
  • 赤ちゃんをずっと抱っこするのが大変
  • 肩こりが痛い
  • 赤ちゃんが横抱き嫌いで、縦抱きしかできない
  • 手軽に抱っこひもを使いたい

ビルコソ
ビルコソ

そんな方にはヒップシートの抱っこひもをおすすめします。

回答者:ビルコソ

2児の父
第二子が横抱き大嫌いで、常に縦抱きだったが、ヒップシートを用いて楽になった

 

【写真で説明】横抱き嫌いな子供におすすめヒップシート・テラスベビーのDaG1!

まだまだ使用者が少ないヒップシートですが、手軽に使えます。
ちょっとした時に使えます。
特に横抱きが嫌いな赤ちゃんには絶対におすすめです。

ヒップシートとは


抱っこひもの種類の一つです。
腰にベルトを巻き、前方に赤ちゃんを乗せる出っ張りがあります。

百聞は一見にしかず。

次の写真で解説します。

使い方の写真


5つのバリエーションを写真で説明します。

モデル
・大人は身長157センチ女性
・赤ちゃんは0歳5ヶ月 8キロ

縦抱きの前向き

縦抱きの後ろ向き

立ちの前向き

立ちの後ろ向き

横抱き

横から撮影

メリット

装着が手軽で簡単

ベルトをマジックテープやバックルで固定するのは10秒程度でできます。

抱っこひもは装着が大変で、赤ちゃんを乗せるのも1人では大変なタイプもあります。

準備・片付けが面倒くさいのは使わなくなります。

コンパクト

肩掛け部分がないので、とてもコンパクトに畳めます。

小さいカバンにも入ります。

肩こり解消できる・肩こりしない

腰のベルトで支えるので、肩こりが辛い人には最適です。

涼しい

シートの上で赤ちゃんに可動域があるので、暑い日は少しだけ離せます。
反対に、寒い日はくっつけられます。

抱っこの態勢をすぐ変えられる

先程の写真で載せた前向き・後ろ向き・座り・立ち・全てをスムーズにできます。  

縦抱きでも片手が空く

これが私にとっては1番良かったです。
赤ちゃんが縦抱き大好きで、常に縦抱きで両手が塞がってました。

デメリット

腰に負担がかかる

腰痛の人はきついかもしれません。

片手(場合によっては両手)が塞がる

両手はフリーになりません。
赤ちゃんが落ちたら大変です。

子どもが暴れたら焦る

抑えがないので、しっかり手で支えましょう

まとめ

結局、手軽に装着出来るものでなければ、どんどん面倒臭くなって使わなくなります。
ヒップシートは10秒で接着でき、子どもをすぐ乗せ、体制を変えるのも容易です。
横抱きが嫌いで縦抱きが好きな赤ちゃんには、特にオススメです。

ぜひお試しあれ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました