抱っこ時間短縮!?子育て世代がリビングに鏡を置くメリット3つ

育児テク・ワンポイント
悩み人
悩み人
  • 子どもを抱っこして寝かしつけをして、洗面室の鏡まで行って眠ったか確認してる
  • 抱っこしたまま子どもをあやしたい
  • 抱っこしたまま子どもと対面したい
  • 忙しくて鏡を見る暇もない

 ビルコソ
ビルコソ

このような悩みを解決します
リビングに鏡を設置して思わぬメリットを発見しましたので、紹介したいと思います。

回答者
2児の父。
DIYも得意。
リビングに鏡を設置して思わぬメリットを発見。

抱っこ時間短縮!?子育て世代がリビングに鏡を置くメリット3つ

だいたいの家庭だと、鏡は洗面台や化粧台にあると思います。
リビングに鏡が1つあれば、子育て世代には思わぬメリットがあります

メリット1. リビングで寝かしつけの確認ができる


(リビングで寝かしつけをしている方へ)
立て抱き(縦抱き)で寝かしつけをする際、ベッドに下ろす前に眠ったか確認しますよね。
だいたい鏡に写った子どもの顔を見てかくにんすることが多いと思います。
そして鏡を見るために洗面室の洗面台まで行ったり、化粧台の前まで行ったりします。
もしリビングに設置すれば、その手間が省けます。
地味ですが便利です。

メリット2. 子どもがセルフあやしを始める(笑う)


うちの子はこれをします。
赤ちゃんは鏡に映ってるのが自分自身だと認識するのが2歳頃だと言われています。
それまでは鏡に映った自分の反応を楽しんでくれます。

鏡に映った自分を見る

笑って身体が動く

その姿を鏡で見て喜ぶ

笑って身体が動く

その姿を見て身体が動く



こんな感じでセルフでエンドレスであやし続けることがありました。

親としてはとても楽でした

抱っこしながら子どもと対面できる
この場合は少し大きい鏡が必要かもしれません
抱っこしながら子どもと対面すると幸せを感じることができます

メリット3. 自分の顔をチェックできる

赤ちゃんを育てるのは本当に大変なことです。

忙しくて鏡を見る暇もないこともあると思います。

リビングに鏡があれば、子供を抱っこしながら鏡を見ながら自分自身の身だしなみや顔を確認することが出来ます。

まとめ


リビングは生活の中心をなる場所で、そこに鏡があると意外と便利です。
子ども用に限らず、大人も身だしなみや顔をチェックするのにも便利です。
最近は割れない鏡もあり、壁紙にダメージをつけずに貼れるタイプもあります。
夜に鏡を見るのが怖い人は布を掛けたら良いと思います。

どうぞお試しあれ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました