【どうしても行かないといけない・・】子ども(幼児)との買い物を少しでもスムーズする方法

育児テク・ワンポイント
悩み人
悩み人
  • 子どもを連れて買い物に行くと大変
  • お菓子を欲しがり泣いて暴れる
  • 思うように買い物できなくてイライラする
  • 袋詰めに焦ってしまい、帰り道で食材をこぼしてしまった
  • 子どもを買い物に連れていかないことにした
  • どうしても子どもと買い物に行かないといけない


 ビルコソ
ビルコソ

このような悩みに、すぐ試せる解決策を紹介します。

回答者 
2児の父。
長男が3歳の時に妻が妊娠するが、切迫早産で数ヶ月入院。
その間、長男との買い物生活をなんとか乗り切る

【どうしても行かないといけない・・】子ども(幼児)との買い物を少しでもスムーズする方法

スーパーに買い物に行くとき、2〜5歳には使える方法だと思います。
ソフト面(子どもとのやりとり)
ハード面(グッズの使用)
の両面で対策していきます。

下準備

グッズ
・マイバスケット(マイ買い物かご)
・電子決済できるカード・スマホ

↓私はイオンのマイバスケットを使っています。
 他のスーパーでも使いやすいように、イオンのロゴはラッカースプレーで消しています。

子どもに言うこと
・買い物中、お菓子を買うから大人しくするように伝える

方法


①買い物リストを決める
 ・店内をスムーズに回るためです。
 ・子どもは長時間いるほど機嫌が悪くなります
 ・余計なものを買わないので節約にもなります

②マイバスケットと電子決済できるカード・スマホを持って出発

③入店して最初にカートを取り、マイバスケットをセット。その上にお店の買い物かごをセット
・子どもはカートに乗っても乗らなくても好きな方選ばせて大丈夫です

③まず最初に子どもにお菓子を持たせる
 ・これがキーポイントです。
 ・子どもが大人しくなる可能性が高いです。
 ・お菓子を買えなくて泣きじゃくることもなくなります

④買い物リストを見て、スムーズに買い物を進める

⑤会計時にマイバスケットを使う
 1.有人レジの場合、店員にマイバスケットに詰めてもらいましょう。
会計後にすぐ帰れます。袋詰めしてる人を横目に優越感にも浸れます。

 2.無人レジの場合、自分でマイバスケットに入れることになりますが、袋詰めするよりは簡単に、早く行えます。

⑥支払いは電子決済でワンタッチで行う
 ・現金の準備、支払い、お釣りの受け取りはかなり大変で時間かかります。後ろに並んでる人の迷惑にもなります。

⑦買い物を終えたらすぐ帰りましょう。

注意点


子供への教育として、お菓子を買うのを我慢させるという考えがあります。
もちろん大事なことです。
しかし今回紹介した方法では、お菓子を買い与えています。
あまり良くないと感じる人もいると思います。

あえて肯定的な理由付けするとすれば


①なりふり構っていられない時もある
 →食材を買わなければ、生きていけません


②買うのはしょうがないとして、食べ与えることについて躾ける
 →このお菓子はご褒美にも罰にも、3時に時間を決めて食べる習慣づけにも使えます。

まとめ


全部でなくても、一部参考になりそうな事を試してもらって、少しでも子連れ買い物勢の負担が減れば嬉しいです。

ぜひお試しあれ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました