空気清浄機の意味のある使い方を病院ビルメンが紹介

感染対策


悩み人
悩み人
  • 空気清浄機買おうか悩んでるけど、本当に効果があるか分からない
  • 子どものハウスダスト・アレルギーが心配
  • 換気していればいいから必要性が見えない
  • コロナ対策にも効くの❔


ビルコソ
ビルコソ

空気清浄機の効果・そして有効な使い方について回答します。


回答者:
2児の父。
病院ビルメンもしています。
ビルメン最上級資格のビル管理士所持。

空気清浄機の意味のある使い方を病院ビルメンが紹介

空気清浄機に対して本当に効果があるか疑問を持っている人は多いと思います。
換気と上手く組み合わせて使えば感染対策にも有効ですので、ご紹介します。

換気扇と加湿器を使った感染対策はこちら

浮遊物質のサイズ比較

小さい順に並べています。

ウイルス      0.003~0.05μm
たばこ煙      0.01~1μm
バクテリア(細菌)  0.3~20μm
真菌         1~10μm
ダニアレルゲン    1~20μm
胞子         10~50μm
セメントダスト    3~100μm
花粉        10~100μm
雨滴(霧滴)      2~70μm

厄介なことにウイルスが1番小さいです。

普通のフィルターだと、普通に通り抜けてしまいます。

なんなら、マスクをしていてもタバコの副流煙の臭いは感じるので、ウイルスはそれ以上に体内に入ってきます。

空気清浄機の料金の違い


①除去できるものの差
②容量(何畳まで対応できるか)
③付属機能

主にこの3つで金額の差が発生します。

①除去できるものの差
 価格が高いほどウイルス除去の効果を謳っていることが多いです。
 
②容量(何畳まで対応できるか)
 価格が高いほど広い部屋まで空気清浄できます。
 
③付属機能
 加湿・除湿・タイマー・Wi-Fi遠隔操作などです。

有効な使い方への道筋

室内におけるコロナ対策として、1番は換気がいいと言われています。
私も同意です。
超高額な空気清浄機でウイルスを倒す・除去するよりも、ウイルスを外に出した方が手っ取り早いと思っています。
そのため、最良の対策は
「換気扇を使って、室内の空気を外に出し、反対側の窓から空気を引っ張る。」
だと思います。

しかし、この対策には弊害も生まれます。

空気が循環するときは、空気中の埃や塵など、
浮遊物質も循環しています。

ハウスダストが舞い上がることによって、小さいこども・赤ちゃんがいればハウスシック症候群やアレルギー・ぜんそく発症の原因となり得ます。

私が思う空気清浄機の最善の使い方

①換気扇を使って、室内の空気を外に出し、反対側の窓から空気を引っ張る

②換気によって室内に舞い上がったハウスダストを空気清浄機で回収する

です!

どうでしょうか。
これなら比較的安価な空気清浄機で対応できます。

注意点


正直、最新の空気清浄機がどこまで進化しているか分かりません。
高額な空気清浄機が1台あれば済む可能性もあります。
しかしウイルスや菌を除菌・無効化するよりは、換気で屋外に出したほうがいいという私の考えです。

まとめ


ウイルスは室外に出せば、無効化できます。
空気清浄機の使い方としては、換気時に舞い上がってるハウスダストをキャッチしようという記事でした。
ハウスダスト程度なら必ず空気清浄機で効果が狙えます。

ぜひお試しあれ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました